その後の経過 栄養メモ

打撃(原因は意味不明。)、目眩がきつい。
バナナ等。
良く目眩がすると親がいうので、私も脳震盪の様な少し具合悪く、目眩がして大変だったので、食べ物について調べてみた。
目眩の時、食べ物に、珈琲を飲んではいけないと検索で出てきた。
医療関係のひとの書いた物なので、本当だろうと珈琲をやめている。
この前は何とか診て貰い、今の状態を記録して貰ったので、その後、疼痛(つうとうと直ぐに覚え間違って、いつも、とうつうと直ぐに出て来ない。)に近い頭痛のある度、呪文の様に思い出す。
私は頭痛薬を飲まずに何年も何とか耐えていて、ちょうど栄養療法というか食べ物で改善すると分かったのが数年前で、其程、研究者同様知識が豊富では無いから、大変有り難い。
この頃は、ココナッツオイルと蜜柑の中身等を毎食。
右耳全体が激痛で、段々頭蓋骨に響く位痛くなって、ふと思い出した「ポカリを飲んだら大抵体調が良い。」との情報から、同じ大塚製薬の飲み物を、稾に縋る気持ちで飲むと、1分位して、耳痛がましになったのだった。
耳痛も、高校の頃からであって我慢する物でも無いのは分かっているけれども、頭痛よりは頻度が低いので、突然の思いつきだった。
耳痛には、マグネシウムとかナトリウムとか多分結構不足していたから、其れ等を栄養剤でも補助してみた。
今後も突然の耳痛になる可能性はあるし、其れがどの様に脳に影響しているか、私は分からない。